札幌で暮らす元クリーニング店パート主婦の家族生活

札幌の天気は蝦夷梅雨などもありジメジメ対策が必須

 

蝦夷梅雨って本州の方はあまりご存知ないかもしれませんね。北海道に暮らして長いですが、札幌は本当に長雨の時期に入ると2週間ほどジメジメの時期が続くこともあります。

 

湿気対策していないと、押入れに入れている布団までかびてしまうという最悪の事態になったりします。
布団もそうですが、お部屋の結露や柱のカビなども知らず知らずに増えてしまっていて、主婦になってから思うのですが本当に、家事に終わりはない!ということです。
丁寧な暮らしと言いますが、とてもじゃないけど、どれもこれも完璧に行うことって無理でしょう?

 

私のやり方では、出来る範囲を自力で。自分の負担が大きいなと感じたところに関しては、潔くプロの手を借りることで快適な生活が保てていますよ。
例えば、今回は布団のお手入れについて、我が家のルールをお伝えしますね。

 

ジメジメ時期も布団をカビさせない絶対的方法

布団の端っこにはえた黒カビ、私も一度経験がありますが、本当にショックですよね。そして洗っても何しても取れなくて泣く泣く買い替えることも。昔、クリーニング店の店頭での受付業務をやっていたことがありますが、やはりカビが生えてしまった布製品はとても扱いが難しいんです。
繊維自体を痛めてしまうこともあり、ひどい場合は穴が開くことも覚悟です。

 

北海道では先ほども言ったように梅雨のようなとてもじめじめした時期があります。そういった天候では、押入れの中でよほどの湿気対策を行わないと一発で無理です。すのこを敷いた上に布団を収納するとか、ドライペットを各所に配置するとか、圧縮袋にぴっちりと詰めて収納するとか。

 

そんな、カビに二度と悩まされない方法があるのです!
それは「布団クリーニング保管サービス」です。

保管付き布団クリーニングが札幌で安いお店

布団の保管サービスとは、布団をクリーニングに出したら、そのまま半年から9カ月間専用倉庫で保管を行ってくれるというとても助かるサービスです。

 

我が家の布団は年に1度、この布団クリーニングを使って保管もしてもらうので夏場は押入れがスッキリするので余計なものが部屋に出ず、スッキリした状態を保つことができています。
布団をクリーニングに出したことのある方はご存知であると思いますが、羽毛布団であれ毛布であれ、とてもふんわりとして気持ちいい。
これだけで、スッキリとした気持ちで過ごせるのでとてもおススメなんです。

 

では、どこでクリーニングを頼めばいいかですが、自宅から車で20分ほどの範囲にクリーニング屋さんが2件、一つは大手チェーン。私が昔勤務していたお店です。もう一つは北海道のみで展開しているクリーニング店です。
どちらも洋服がメインなので、お布団のクリーニングというとあまりキャンペーンや割引がないのが残念です。
確かに、安くて早いワイシャツなどのクーポンはたくさん発行していましたが、季節もののコートやジャケット、スキーウェア、こたつ布団、羽毛布団などを安くクリーニングに出すのには少々コツがあります!

 

自分が働いていたお店の社割だとしても、些細な割引額ほどでした。
ところが、最近は店舗を持たずに展開する宅配クリーニングが安いうえにとても人気があるというので、試してみたのがきっかけでした。

 

とてもじゃないけど、家族4枚の羽毛布団は運べませんし、宅配で届けられるなら大助かりですよね。
札幌周辺で宅配布団クリーニングが安いところをさがしたら、たどり着いたのが「カジタク」という布団クリーニングでした。
札幌に店舗があるわけではなく、どこか工場に運んで保管が行われます。
まあその辺は気にしなくても、無事にキレイにクリーニングされた布団が戻ってくるで心配はありません。
布団を洗うことで、布団の内部に潜んでいるダニを死滅させることができるメリットがあるので、まだ洗ったことのない方は洗ってみることがいいですよ。

 

「カジタク」という宅配クリーニングは、イオングループのクリーニング店です。スマホから簡単に24時間いつでも注文出来て、忙しい主婦にもおすすめです。
2枚当たり11800円で、送料が無料!保管を付ける場合は1枚当たり1000円で最長9カ月間も保管してくれるのでコスパが最強です。
札幌ですと、宅配料金がかかってしまう宅配クリーニング店が多いところ、カジタクさんでは布団を送るときの送料と、返送されるときの送料共にタダ!です。他にもリネットというところやリナビス、ポニークリーニング、白洋舎、洗濯倉庫、うさちゃんクリーニングなど、複数社のクリーニング店の最安値や激安クーポン、などなど探してみましたが、我が家では保管を優先して利用したかったので、保何料金が一番安いカジタクに決めました。

 

9カ月というと北海道の場合は長すぎるので、最長保管はしたことがありませんが、とにかく保管が長いというのは、自宅の押し入れの収納が片付くのでとても助かっています。

 

布団の宅配クリーニングの保管場所は、きちんと温度と湿度が管理されている無機質な倉庫なので、カビの発生やほこり、花粉などの害から侵されることなく、冬がやってくるまで衛生的に保管されるのです。

 

正直、面倒な布団の天日干しや布団クリーナーの頻度が減ったことだけでも家事の時短につながって、一息つく時間や気持ちの余裕が生まれたのは、布団クリーニングの効果だなと感じています。

必要なところに時間をかける贅沢と程よい節約

家事を続けていると際限がないと感じることが多々ありますが、布団に関するお手入れにおいても同じことが言えました。
布団は敷布団、掛け布団、毛布、羽毛布団と、毎日上げ下ろしをしていますが布団を洗うまでのお手入れはなかなか手がまわりませんでした。しかし、考えてもみれば、毎日使う布団にどれだけの汚れがついているのかと考えるとぞっとしますし、子供のアレルゲンの原因にもなりかねるダニの死骸がとても心配でした。
アレルギーを持つ人は日本では4人に一人という非常に高確率であります。
また、ダニによるアレルギーというのは通年性アレルギーで、布団の埃を吸い込むとしばらくくしゃみが止まらなかったり、鼻が詰まったり、くしゃみが止まらなくなったりします。

 

そんな、ダニのアレルゲンを防ぐ意味では布団クリーニングによる対策が、天日干しや布団クリーナーよりも効果が絶大ということを知ってからは、クリーニングのありがたさを実感しています。

 

自分ですべてを防ぐというのはとてもとても大変で、時間も労力も使います。
節約が大好きで、クリーニング費用がもったいないから、自宅で洗ってみようとか、コインランドリーで洗ってみようとか言って失敗してしまっても悲しいものです。
そこで、おすすめの方法が年に1回だけクリーニングに出すという選択です。
毎月毎月となると、とても費用がかさんでしまいますので、1年に1回と決めると、家計も付けやすくなります。
コインランドリーに持って行って、布団をアミネットに入れるか、ひもで縛って、洗って、乾燥するまで3時間くらいはかかると見て良いでしょう。この時間を本を読んで過ごすなど有効利用できたらいいと思いますが、宅配クリーニングの場合であれば、洗い上がりのきれいな布団が自宅に届くので、手間は一切かかりません。
空いた時間は子供に手造りおやつを作ったり、シャツの襟に刺繍を施したり、庭の畑の草を引いたりといって過ごすことがとても快適に感じています。

 

そんな風にして、

布団宅配クリーニングの利用の流れ

どうやって利用するのかわからないから知りたい方のために簡単に布団クリーニングを注文するところから届くところまで説明します。

 

スマホなどから布団クリーニングを注文します。

24時間注文できるので、クリーニング店に持って行く時間は作らなくても済みます。布団の枚数は入力画面から、お届け先と保管の有無、オプションの有無を決定し、注文します。たいていの場合は、すぐに注文返信メールが届きます。
数日後に布団を送るための袋が届きます。うちは2日後に届きましたよ。布団を入れる袋は折りたたまれていて、ポストに入るサイズのとってもコンパクトなもので驚きました。

配送袋に布団を詰めます。

こんな小さな袋に羽毛布団のような大きな布団が入るのかとても心配でしたが、無事、詰ることができました。

 

配送業者にまるごと託します。

家族分の布団ということでかさばるので玄関に移動させました。配送業者の方が指定日時に来てくださいました。

 

布団を保管しないなら10日ほどで返却。保管の場合は最長9カ月。

保管せずにすぐに返却してほしい場合は、最短で10日ほどですが、繁忙期はもう少しかかるかもしれません。
我が家の場合は、布団を使わない時期は丸ごと預けているので、約半年後の布団が必要になる時期までそのまんまです。指定日になるときちんと返却されます。
自宅のドアから集配できて、自宅で受け取るという手間いらずなシステムが本当に便利です!

時間の余裕が豊かさを生む

以前は主婦業って完璧でなければと思って何もかも自分でやっていました。そして、節約に燃えていました。けれど、最近の生活は昔と違って、心の豊かさも大事だってことに気付きました。

 

インスタグラムを見ていても、暮らしの余裕はお金だけじゃyなく、時間の余裕だなと感じる投稿もあります。私自身も、依然と違って家事テクがレベルアップしたというか、お金をかけるところには必要分をかけて、あえて、時間の余裕を生み出すというスタイルを保てるようになりました。

 

布団の宅配クリーニングもまさにそういったニーズにこたえているのではないでしょうか。なにも、主婦が全部完璧にやる必要というか、労力はなくて良いのです。

 

毎日の中で少しでも豊かな時間が生み出せれば、気持ちも楽になりますよ。とてもとてもまじめに家事に取り組んでいる方は、少し肩の力を抜いて、任せるところはプロに任せるという選択肢もありだと思います。

 

クリーニングは自分でできるからと節約してしまうこともあると思いますが、業者さんに任せることで洗い上がりの質が断然違いますよ。洋服でも布団でも、たっぷりの水で洗いあげて、専用の乾燥機で乾かす。クリーニングから戻ってきた衣類や布団を使う。それだけで気持ちが爽やか爽快になれます。

 

クリーニング上がりの品って触り心地も違いますし、お客様がキレイになったわ!と喜んでくれる笑顔ってすごいですよね。
クリーニング屋で働いていたころは、クリーニングの洗い上がりと共に、お客様のお顔も選択したてのような晴れ晴れしたお顔になることがとても楽しみでやりがいがありました。

 

布団のクリーニングは1年に1回ですが、その年の汚れを落とすか落とさないかでは、気持ちの部分が全然違うことを知るはずです。
中綿までスッキリ洗浄されるため、布団自体が軽くふわふわと感じれれるのです。汗などを吸い込んでしまっていたのでしょうね。長年の汚れの蓄積にはぜひ、布団丸ごとクリーニングが気持ちいいですよ。

【おすすめリンク集】

page top